有限会社 櫻不動産
 8月号  NO.39
平成18年7月21日
に・・・。やはり人間は自然には勝てません、全国で甚大な被害がでており気分も暗くなります。被災された方のことを思うと楽しい夏の気分にはなれませんが、なんとかがんばって今月もまいりたいと思います。 先月、日本銀行の福井総裁の件をお話しさせていただいたのですが、お客様のS様より以下のお手紙をいただきました。 宝塚市 S様 ほんとこの通りですね。私は福井氏とは会ったこともなく、話しをしたこともなく、何も知りません。それを“見た目の人相、人柄が良さそう”などのきわめて単純な判断で決め付けてコメントいたしました。一般大衆の方ならこれでもいいのでしょう。 日本の経済をまわしている“お金という血液”を流しているのが銀行であるなら、その頂点に立つ“心臓”は日本銀行。その日本銀行の総裁たるもの1点の曇りもあってはなりません。今回お手紙いただき、見た目で判断せずに、改めて何事も深く考えなければならないと思いました。私は決して福井氏を褒めたつもりではなかったのですが、S様の言うとおりですね。ありがとうございました。 それと宝塚市長。これもS様の言うとおり今度不祥事があれば宝塚市民が大恥をかきます。関連して元和歌山市長の旅田氏。市長在任時、悪事を繰り返し逮捕されました。市長辞職後、今度は刑務所から市議会選挙に立候補し、何とトップ当選したのです。当時、和歌山市は刑務所にいる旅田氏に毎月歳費(給料みたいなもの)を払っていたのです。そして、なんと今度また市長に立候補するそうです。皆さんの中には和歌山市出身の方もいらっしゃるとは思いますが、これは他の市民からしたら???ですよね。いくらなんでも今度の市長選挙には当選するはずもないと思いますが、当選すればこれは和歌山市民の民意ということになり、また???となりませんか。和歌山市民も宝塚市民も良識ある市民です、今後の両市長に大いに期待しましょう。 日本銀行の総裁やどこかの市長ではなくとも、生きていく限りは世間から後ろ指をさされるようなことはしてはいけませんね。

◆◆◆ 縁を生かす ◆◆◆

前ページで「人を見た目で判断した」ことに少し関係があるのですが、先日インターネットのメールマガジン(定期的に届くパソコン上の手紙みたいなもの)で月刊「致知(ちち)」とういう極めて特殊な月刊誌の記事の紹介がありまして、少し“ぐっ”ときましたので紹介します。 皆様のなかにはこの記事をご存知の方もいらっしゃるかもしれません。多少内容表現に違うところがあるかもしれませんがご容赦くださいね。 『ある小学校の先生の話』 小学校5年生を担当することになった女性の先生。その先生は担任のクラスでひとりの男児児童を不快に思っていた。勉強もしないから成績も悪いし、服装もいつも薄汚い。それに子供らしさがなく、表情も性格も暗い。この先生は内申書にその気持ちを正直に書こうとした。 しかし、書く前に念のためにこの児童の1年生からの内申書を読んでみて驚いた。 ●1年生『○○君はとても成績優秀で努力家。性格も明るくて周囲からの人気もの』とあった。先生は目を疑った。他の児童の内申書ではないのかと何度も確認した。 ●2年生『お母さんが病気になり世話をして、看護疲れをしているようだ。遅刻もするし時々授業中に居眠りもすることがある。でもがんばってほしい。』 ●3年生『お母さんが亡くなった。悲しみ、希望を失い、心の支えを無くしたようで、時々ぼんやりしている。家事も手伝っているのだろうか、宿題をやってこない時がある。』 ●4年生『お父さんがアルコール依存症になり、酒に酔って○○君に乱暴することがある。自宅でも怯えることがあるようだ。』 これを読んで先生はショックを受けた。こんな年の若い児童が苦しみを受けながらもそれに耐えて学校に通っている。これを思うと先生は胸が熱くなった。ダメと決めつけていた子が実は突然深い悲しみを受け、それをじっと胸に収め必死になって生きている。自分の目の前に現れたこの児童により先生は目を開かされたのであった。 ある日先生は放課後この児童に声をかけた。「先生はいまから教室に残って仕事をしていくからあなたもよかったら残っていかない?勉強のわからないところがあれば先生が教えてあげるから。」児童は少し笑顔を見せ、教室に残り勉強した。 それから毎日、児童は放課後の教室で予習、復習を熱心に続けた。その後、授業で児童が初めて手を挙げたときに先生に大きな喜びがあふれた。児童は少しづつ自信を持ちはじめているようだった。 私はここまで読んだだけで“ぐっ”とこみ上げ、しばらく‘ぼーっ’としてしまいました。 さらにこのあともう少しだけ続きがあります。次号でご紹介しますね。 この月刊「致知(ちち)」という本は“人間学を磨く”という趣旨のもとで発行されているようで、一般書店には置いておらず宣伝もしていません。私も今回初めて知ったのですが、もしご興味のある方はホームページは公開しているようですので『月刊「致知」』で検索してみてください。インターネットのない方は遠慮せずに私にお申し付けください、ご紹介します。(今回のこの記事のバックナンバーを出版社に問い合わせたのですが昨年の12月で在庫は1冊も無いとのことでした。)
いいことありました?それともいやなこと?
なんでもいいからぜひ教えてください!

『お客様の声』大募集!!

ふれあいニュースレター『小春だより』では、お客様の声を大募集しております。
小春だよりをお読みになった感想や、これから取り上げてほしいテーマ、不動産に関する疑問はもちろんの事“こんなおいしいお店があったよ”、“こんなおもしろいことがあったよ”等など、なんでも結構です。あなた様からのお声を待ってま~す。
 
 
 
 
 
 
 
 

お名前           様

当社のニュースレター、チラシ、不動産情報誌、ホームページに
あなた様の声を掲載させていただいてもよろしいですか?
(当社、事務所では掲示させていただきます)
該当する項目□にチェックをお願いします。

□載せてもよい  □匿名ならよい

□にチェックのない場合は匿名で掲載させていただきます。

郵送 〒665-0874
宝塚市中筋4丁目11番23号ユニハイム1階
または24時間365日受付FAX 0797-88-9783
24時間365日受付e-mail y2w2@mbj.ocn.ne.jp まで
お待ちしていま~す。