不動産のさくら
株式会社 櫻不動産
 5月号  № 60
発行日 平成20年4月26日
こんにちは皆様、いかがお過ごしですか?いよいよあたたかくなってきましたね。季節の変わり目ですのでどうぞ体調をくずさぬようお気をつけくださいませ。 さて私は先日、万博公園にさくらを見に行ってきました。見事な満開のさくらの木々に見とれ、太陽の塔の下でお弁当を食べました。おいしかった!夕方には帰ったのですが、照明がたくさんあり、夜桜も楽しそうでした。来年はぜひ夜も行ってみたいなあ~。 しか~し大阪万博は思い起こせば38年前?!ですか・・・。はるか昔ですね。私は2~3回行った記憶がありますが、皆さんの中にはまだお生まれになってなかった方もいらっしゃいますよね。ん~ん複雑な心境です・・・。 ということですが気にせずに、今月も元気にまいりましょう!!

☆ 橋下知事とハニカミ王子 ☆

連日テレビ、新聞に登場の大阪府知事の橋下知事。知事就任以来、この方の言動が注目されていますが、大変そうです。橋下さんもそのままタレント兼弁護士をしていれば、ストレスなく、不自由なく生活できていたでしょうに。政治家とはよほど魅力的なのでしょうか? まあ、それはさておいて、橋下知事はほんとうに改革をしようとする真剣な気持ちが伝わってきませんか?就任まもないということもあるのですが、政治家たるものこうあってほしいです。しかし、いままでの大阪府のツケをいきなり精算できるはずもなく、かなりの抵抗にあっているようです。先日の市町村長との意見交流会では集中攻撃にあい、涙まで流してしまいました。いままでつらく耐えてきてものが各市町村長にあれだけボロクソに言われ、こらえきれなくなったのでしょうか。 それにしても、あまりにも各市長の批判がえらそうすぎる気がします。ある市長は命令形で発言していましたね。あの言い方はどういう理由があろうと不快でした。各市の言い分ももちろんあると思いますし、市民を思う気持ちからの発言だと思います。でも、あのような高圧的態度での発言はやめていただきたいです。 知事の涙を各市町村長は冷ややかに受け止めていましが、私はあの涙は芝居でもなんでもなく、本物と思いました。ほんとうにがんばってほしいと思います。 さて、ハニカミ王子こと16歳高校生プロゴルファーの石川遼選手。プロになってはじめての試合は見事としかいいようがないです。ま、試合はともかく、この人の話っぷりを聞いていると、アメリカ大リーグに行ったプロ野球の松井選手を思い出します。石川選手のインタビューを見ているとじっくりと受け答えをして、一言一言かみしめて相手に話をしているように見受けられます。松井選手もそんな話し方をするのです。 松井選手はテレビ、新聞、雑誌、講演、等々の話を聞いているとで常々“この人は人格者だなあ~”と思わされるのですが、石川遼選手もそんな面があるような・・・。ちょっとほめすぎですね。そういえば同じプロ野球選手で高校生当時から注目された清原選手も当時は好青年でした。が、その後彼はいろいろとあって、今では“番長”とまで呼ばれる大人になってしまって、ちょっと・・・。 石川選手はまだまだ16歳、これからが試練の始まりです。がんばってもらいたいです。それにしてもスポンサー料が総額で20億円ですって。16歳で20億円って・・・。なんとも親孝行な子供ですね。私もゴルフをしておけば今頃は・・・?!。ってなわけはありませんね。←わかってるわ!!(皆様の怒り!)

§ 再びサブプライム問題について §

しかしアメリカ政府というのは国民に対してほんとに手厚い国であるなあ~と感心します。全世界を巻き込んで大問題を起こしている責任もあるとは思いますが、先日の新聞の記事にアメリカ政府が「住宅ローンの苦しい人が差し押さえされないように」と50万人のローン支払い者に対して救済策を打ち出しました。 ローンの支払いが苦しくなった人に貸し手の銀行の元金の一部を免除させて、金利の低いローンを新しく組んで、その連帯保証をアメリカ連邦住宅局がするというもの。簡単に言うと、‘アメリカ政府が個人の住宅ローンの連帯保証人をしましょう’ということですよね。これなら銀行も安心して貸せますね。なにせ国が保証するのですから。 こんなこと日本政府ならばやってくれるのでしょうか?かつてのバブル崩壊時代にそんな対応があれば・・・など無意味な考えも起こるのですが、それはさておき、前にもお話しましたが結局日本にツケがまわってきています。日本国内の銀行や保険会社、証券会社のサブプライム関連の損失は1.2兆円もあるらしいです。これがまわりまわって結局国民にくるのですよね。 アメリカ政府は今回の救済の前にすでに15万人を救済しており、また50万人もの救済をして合計65万人もの保証をし、焦げ付けばアメリカ政府はまたそのツケを各国にまわすのではないでしょうか? そんな中また、狂牛病の危険性のある部位の、輸入を認めてない牛肉が検査をすりぬけ入ってきました。アメリカの会社は‘たまたまそれだけ’と言っていますが、どうも心配です。自他ともに認める“世界のリーダー アメリカ合衆国”。その次期大統領候補がそろって日本を軽視しているようです。サブプライムにしても狂牛病肉の問題にしてもまだまだ目が離せません。

◇ IKEA ポートアイランド ◇

皆さんもうご存知ですか?4月14日に神戸・ポートアイランドに『イケア』という世界最大の家具販売店がオープンしたのですよ。日本では3店目で、関西では1号店です。 実は、私、横浜のイケアに行ったことがあります。なかなか楽しいお店でした。昨年の新事務所移転にあわせ、いろいろと買いそろえたのです。品揃えは多く、オシャレで、安く、売り場がとても広い!圧巻は1階の倉庫のような商品を自分で取るスペースです。天井がかなり高く、(下の写真のとおり)こんな売り場は見たことありません。 各売り場で商品を見て、カートに積める商品はそのまま積むのですが、家具とかイスなどの大きいものは1階の“倉庫”みたいなところで自分で部品単位でカートに積むのです。ようはバラバラの状態で購入するのですね。そして家に帰ってからは基本的には自分で組み立てるのです。(有料で組み立てもしてくれるそうです)商品を自宅に郵送する場合は実費です。バラバラとか送料有料とか、いままでの家具屋さんでは考えられないですね。そんなことも商品が安い理由の一つなのでしょうね。 そしてファーストフードも安いんです。ソフトクリームはなんと50円でした。ホットドッグも100円。ドリンクも100円で飲み放題!!おかわり自由!!併設のレストランもおいしいとの評判でぜひ食べたかったのですが、時間切れで入れませんでした。(家具そっちのけで食べるほうばかり気にしていた?!) 関西1号店ということもあり、先日開店したばかりなので今はかなり混んでいると思いますが、ぜひ一度行ってみてください。1日楽しめますよ。 イケアは実は、ずいぶん昔にあったのですね。神戸市灘区の国道43号線沿いに『イケア・パインモール』とか言う名前でした。私も何度か行きましたが、当時では時代に合ってなかったのですね。何年かして撤退してなくなりました。そして近年、スエーデンから再上陸し、関東での成功をもとに神戸に進出、今後さらに店舗拡大するそうです。
いいことありました?それともいやなこと?
なんでもいいからぜひ教えてください!

『お客様の声』大募集!!

ふれあいニュースレター『小春だより』では、お客様の声を大募集しております。
小春だよりをお読みになった感想や、これから取り上げてほしいテーマ、不動産に関する疑問はもちろんの事“こんなおいしいお店があったよ”、“こんなおもしろいことがあったよ”等など、なんでも結構です。あなた様からのお声を待ってま~す。
 
 
 
 
 
 
 
 

お名前           様

当社のニュースレター、チラシ、不動産情報誌、ホームページに
あなた様の声を掲載させていただいてもよろしいですか?
(当社、事務所では掲示させていただきます)
該当する項目□にチェックをお願いします。

□載せてもよい  □匿名ならよい

□にチェックのない場合は匿名で掲載させていただきます。

郵送 〒665-0874
宝塚市中筋4丁目11番23号ユニハイム1階
または24時間365日受付FAX 0797-88-9783
24時間365日受付e-mail y.watanabe@fudousan-sakura.jp まで
お待ちしていま~す。