不動産のさくら
株式会社 櫻不動産
 6月号  № 73
発行日 21年5月22日
みなさん、こんにちは。お元気ですか。いや~それにしても参りました、花粉症。スギ花粉が終わったかと思ったら次はヒノキ花粉にまでかかってしまい、ほんの2~3日前までクシャミ、鼻水でもういや~!って感じでした。花粉症にかかって以来最悪の年でした。来年は絶対1月から薬を飲むぞ!!と今から来年の花粉症を心配している今日このごろです。 と、花粉症が去って今度は‘豚インフルエンザ’ですか・・・。神戸、大阪で大変なことになっておりますが、いったいどうなるのでしょうか?行くとこ行くとこで皆マスクで、重度の伝染病の世界のようです。子供達は学校が休みで喜んでおりますが、修学旅行の中止や延期、映画館の休館とか各種イベントも中止など、ちょっと過剰反応のような気もします。早く終えんして欲しいものですね。 私はインフルエンザには負けませんよ~!それでは今月も元気にまいりましょう!

* 若者撃退法!? *

先月の読売新聞の記事で東京・足立区が『高周波の不快音(モスキート音)を流して深夜、公園にたむろする若者を‘撃退’するという実験をはじめる』とありました。 深夜に公園の遊具やトイレが壊される被害が相次いでいるそうで、その対策にこの機械を設置するそうです。 記事によると、昨年に千葉県のコンビニで試験的に設置したところ、スイッチを押すと入り口付近にたむろしていた少年が2~3分でいなくなったそうです。この装置はもともとイギリスで発明された装置で、若者には「キンキンキン」と甲高い音が継続的に聞こえ不快になりその場を離れるそうですよ。なんと、最長40メートルも離れていても効果があるそうです。  さらに腹立たしい!?のが「高周波は加齢(年をとるごことに)聞こえなくなり、おおむね30歳以上になると聞こえなくなり、人体への影響はないと思われる」らしいです。(30歳を超えると?加齢かあ~。えらい早いなあ~。)こう聞くと自称30歳?!の私は意地でもこの「高周波音」を聞いてやりたいと思うのですが・・・。 冗談はさておいて、以前、大変お世話になっているI社長からこんな話を聞きました。    自分の店の前に置いてあるタバコの自動販売機に‘深夜若者がたむろするからどけてくれ’という苦情が自治会からきたとのこと。 I社長は‘自動販売機を撤去するのは簡単だが、それはこの場所でたむろしなくなるだけで、また近くの自動販売機でたむろするんじゃないか?自分のまわりだけいなくなればそれで問題解決なのか?’と自治会と議論したそうです。 結果、自動販売機を撤去するのではなく、自治会もお店も地域も、皆で協力して若者のたむろをなくそう!ということになり、その後その地域の自動販売機に若者はたむろしなくなったそうです。 東京・足立区の場合は施設を破壊するという行為になるので、同じようにはいかないのかもしれませんが、機械で若者を追い払うというのは何かすっきりとしません。これも時代なのでしょうか・・・。 しかし、ハエや蚊じゃないんだから・・・。どうもしっくりこないなあ~・・・。

☆ 再び東京ディズニーリゾートへ ☆

平成17年11月に妻のおじいちゃん、おばあちゃんのお墓まいりをかねて千葉県に行ったのですが、今年も4年ぶりに行ってきました。千葉県の岩井という田舎町で1泊し、翌日ディズニーランドに行ったのでした。 ここでやはりあの事件をお話しなくてはいけませんよね。いや~、知る人ぞ知る、あの事件。思い出すだけでも恥ずかしいです。しかしここは恥をしのんでご存知でない方のためにお話しなければ・・・。バックナンバーをどうぞ(意外とウケを狙ってるのかも?!)。
さ く ら の
ふれあいニュースレター
有限会社 櫻不動産
                                       12月号  NO.43
平成18年11月24日
  こんにちは、皆さん!いよいよ今年も、今月で終わりですね。街はもうクリスマスですが、そういえば去年のクリスマスは大雪で、確か翌朝、雪が積もっていたような・・・。今年の冬も、とても寒そうなので、皆様におかれましては、風邪には充分に気をつけてくださいね。 ではさっそく、今年さいごの‘ふれあいニュースレター’にまいりましょう! 実は、昨年から隠していたことがあります。みなさんに告白しよう、しようと思いながら、なかなか言えなくて・・・。でも今回、告白したいと思います。 昨年の11月に、妻のおじいちゃんのお墓参りをかねて、妻のご両親と私達家族4人の合計6人で、東京ディズニィーランドに行ったときのことです。 私の次男坊は電車が大好きで、‘ぜひ新幹線で行こう’ということで、新幹線「のぞみ700系」(新幹線の種類のこと)で新大阪から東京まで行ったのです。新大阪のホームに新幹線が入ってくると子供は大喜び!その様子をビデオ片手に撮影しました。喜びあふれて、次男坊の靴がホームに落ちそうになったりしたのですが、無事、新幹線に乗車。次男坊はイスにすわるなり、またしても大喜び!!イスの上で飛び跳ねています。私はその様子を窓の外からビデオにとろうと思い、ひとり新幹線の外へ出たのでした。 ホームから新幹線の中の喜ぶ子供の様子を見て、一人嬉しい気持ちになりながら、ビデオでとうろうとしたその時、「ぷるるるる~っ、発車します!」とアナウンスが流れ、「まさか?!この新幹線ではないだろう・・・」とおもいきや、この新幹線のドアが閉まってしまったのです・・・。私は、あわててドアに手をかけたのですが、ピッタリと閉まっており、駅員さんに静止され、家族を乗せた「のぞみ700系」はゆっくりと、新大阪駅をあとにすべり出していきました・・・。 まるでJRのコマーシャルのお別れのシーンを見ているようで、あぜんとしながら、なぜか最後まで見送り?!(←かなり動揺していたと思われる)口の中が、からからに乾き、心臓はバクバクと鼓動し、駅員さんに「あ、あ、あの新幹線に乗りお・ぐ・れ・ま・じ・た~あああ~・・・」と言葉にならない言葉で言うと、「今すぐに、ホーム下の駅員室に行きなさい!!」と言われ、ビデオ片手に全速力で駅員室へ。 駅員室で事情を説明するやいなや、駅員さんは「すぐに、となりのホームの新幹線に乗って!!」と、今度は駅の上まで全速力で駆け上がり、となりのホームに止まっていた5分後発の東京行き「のぞみ号」に乗せてくれたのです。 この新幹線もぎりぎりセーフで、私が乗ってすぐに出発しました。携帯電話だけは持っていたので、妻や妻のご両親2人のケイタイに電話するも、全くつながりません。乗せてもらった新幹線の車掌さんに事情を説明し、前を走る「のぞみ号」に連絡をとってほしい旨を伝えたものの、「新幹線同士では電話できない」とのことで、東京の指令所からの連絡でやっと妻たちに連絡をとってもらいました。 そのころ、妻たちは知るべくもなく、サンドイッチと飲み物でゆっくりしていたそうで、私がいないのは「急用でデッキで電話をしている」か「大のトイレでもしている」と思っていたらしく、京都をすぎても全く気にしていなかったそうです。(なんという薄情な!!) ようやく名古屋の手前ぐらいで連絡がとれ、携帯電話で話しをし、乗り遅れたことを知らせ、ほっ、と一安心。心臓もようやく普通の速さにもどり(ほんと、バクバクして高血圧で死ぬかと思った!←ちょっとおおげさ)こうなるともう余裕です。  富士山をビデオで撮影したり、一人のんびり缶コーヒーを飲みながら(なぜか小銭もポケットにあった)うたた寝をしながら、東京に5分遅れで到着しました。(いやあ~、新幹線は通勤電車なみに、たくさん走っているのですね。だから1本くらい乗り遅れても平気、平気!!←☆※♂!@?・・・・・) 妻たちはあきれかえっていました。そりゃそうですよね。(また、行きの新幹線の中は、次男坊が興奮して、はしゃいで大変だったそうです・・・。すんません。)  JRも、「家族旅行でお父さんだけ乗り遅れた」なんて、聞いたことないんではないでしょうか?子供たちは「お父さんが新幹線に乗り遅れた!」と会うとこ、会うとこでしゃべりまくり、保育園の先生たちも、ほとんど知っていました。(泣)  ほんと‘穴があったら入りたい!’とはこのことでした。あ~、一生言われるのでしょうねえ~。 1年前の出来事でも、やっぱり恥ずかしいものですね。でも、なかなかないでしょう?こんな話。(ちょっと自慢?!)皆さんも気をつけましょうね。(えっ、私だけ?)  ということで、衝撃の告白でした。 帰りの新幹線?もちろん乗り遅れることなく、皆で一緒に乗って帰りました。

という事件があったのですね。再び思い出しましたよ。新幹線に乗り遅れるなんてね、そんな人いませんよね~、皆さん!!(ほんと情ないやら、恥ずかしいやら・・・。) そして今回もまたまた事件が・・・。妻の両親と今回は妻の妹家族5人も一緒に合計11人で行きました。まずお墓参りに行ったのですが、千葉県の田舎なもので近くにリゾート風のホテルしかなく、このホテルは普通のマンションを改造したようで部屋にベランダがあるのです。 このベランダからの海の眺めが最高なのですが、朝、私がベランダで海を眺めていて、部屋にもどろうと同時に、入れ替わりにお父さんがベランダに入ってきて、サッシの戸を閉めたのです。お父さんはしばらく海を眺めていたのですが、部屋に戻ろうと戸を開けようとすると、なんと開かないのです。 ベランダではお父さんがサッシの戸が開かないのであせっているのですね。私は部屋から見ていて‘お父さんは何してんのかな?引き戸を開ける力もないのかな?’と思い戸に行き、サッシの戸に手をかけると、なんとむちゃくちゃ固いのです!びくともせず、全く開かないのです。なんで?突然こんなに硬くなるの?って感じで、そのうち弟も来てやってみますが、全く同じで、びくともしません。 ついにホテルの方に来てもらいましたが、全く開きません。そしてホテルの手配で近くの大工さんにきてもらうまで約40分ほどですか、お父さんはひとりベランダに締め出されたままでした・・・。 で、大工さんが来るその直前に、なんと開いたのです。建てつけが悪かったようでしたが、なんでお父さんの時にだけそうなったのか、原因不明です。妻のお父さんは“運動神経ゼロ”で、そんなお父さんの時にだけなったというのがなんともおかしかったのですよ。 生前いたずら好きだったらしいおじいちゃん、おばあちゃんが、久しぶりにいたずらしたのかな~??? という騒ぎの次の日にディズニーランドに行った時のこと。ひと通り遊んだあとで、みんなで休憩しよう!ということになり、妻の妹が代表して売店にポテトを買いに行ったのです。お父さんは、なぜかそのあとをトボトボとついていきました。 妹がポテトを買ってきてみんなで食べだした時、‘あれっ!お父さんは???’と、いないことに気がついたのです。さあ大変、迷子になってしまったのです。お父さんは携帯も持っているのですが、耳が悪く、しかもカバンに入れていて全く出ません。(後でわかったのですが、そのカバンもコインロッカーにあずけていた・・・。)子供達を1ヶ所に集めて動かないようにさせて、大人みんなで手分けして探しました。探すこと30分くらいでしょうか、やはり妹が見つけたのです。 というか、お父さんが探している妹を見つけたそうです。開口一番、お父さんは娘に“あんたが一人で行くもんだから心配で、心配で、あとを付いて行ってあげたんだよ。そしたら、あんたが急にいなくなっちゃったから、僕は独りぼっちになってしまったんだあ~。いったいどこまで行ってたんだい?”と言ったそうです。娘、無言・・・・・・。 (お父さんは北海道出身の6人兄弟の末っ子で、甘えたで、とても寂しがりやさん。若いころ東京に住んでいて、それからずっと東京弁らしいです。) 今では立派に成長した娘の後ろ姿に、数十年前、阪神パークに連れて行った時の、あの幼きわが愛娘に甘えられていた日々・・・。その後ろ姿が重なったのでしょうか・・・。 御年83歳の父が、41歳の3児の母である娘を心配しての行動でした。   愛と感動とちょっぴりコラッ!という物語でした・・・。 娘思いのやさしいお父さん、いつまでも長生きしてくださいね。 ということで今回も?!珍道中の東京ディズニーリゾートの旅でした。 ちなみに千葉県の田舎町で泊まった『グランビュー岩井』というホテルですが、最上階に海を一面に見渡す大浴場があるのですよ。これは絶景、ほんと最高です!!! もし千葉県の房総半島に行くことがあればぜひ!

住所 〒299-2216 千葉県南房総市久枝527-16
アクセス 車 :館山自動車道 君津IC→R127 富津館山道路経由 38km 東京湾アクアライン 木更津JCT→館山自動車道 君津IC→R127 富津館山道路経由 38km 電車:JR内房線 岩井駅下車 歩7分 船:久里浜港より 東京湾フェリー35分 金谷港下船→R127 10km/JR内房線浜金谷駅より岩井駅下車 歩7分(※金谷港からJR浜金谷駅までは徒歩5分) TEL 0470-57-3311

§ 編集後記 §

しか~し、高周波の若者撃退装置なる、けったいなものを発明したイギリス人ですが、政治家も日本と同じようですね。首相から与党、野党の国会議員が私的なお金の支払いを日常的に国に支払わせていたのです。 その私的な使い道というと・・・トイレの便座の交換代、おむつ代、漫画本のお金、モグラ退治の費用、ピアノの調律代、チョコレート代、髪染め代、肥料の馬ふん代、ポルノ番組の代金・・・、出るは、出るは、もうムチャクチャですな。イギリス国民もずいぶんとお怒りのことと思います。 日本の国会議員も以前から同じようなことをしている(同窓会の会費、スナックのツケ、スーツや靴、などなど指摘したらイギリスと同じできりがない!!)ので、どこの国の政治家も同じなのですね。 それにしても女性問題の鴻池議員。1月に議員宿舎に女性を泊めて問題になったばかりなのに、またしても・・・。その後「健康問題で官房副長官を辞任」ということですが、(別に国会議員を辞めるわけではないから、全然たいしたことないけど。)ある新聞のコラムで「この人の場合はむしろ健康すぎる方が問題で・・・」と、うまいこと言っていましたね。その通りのようです。 そうだ!今度イギリス人に‘不正政治家撃退装置’を作ってもらおう!!! それにしても、きりがないので、当分政治家のくだらん話はやめることにします・・・。 さあ~来月はホタルの季節、今年もまたホタルの乱舞をみたいなあ~。
いいことありました?それともいやなこと?
なんでもいいからぜひ教えてください!

『お客様の声』大募集!!

ふれあいニュースレター『小春だより』では、お客様の声を大募集しております。
小春だよりをお読みになった感想や、これから取り上げてほしいテーマ、不動産に関する疑問はもちろんの事“こんなおいしいお店があったよ”、“こんなおもしろいことがあったよ”等など、なんでも結構です。あなた様からのお声を待ってま~す。
 
 
 
 
 
 
 
 

お名前           様

当社のニュースレター、チラシ、不動産情報誌、ホームページに
あなた様の声を掲載させていただいてもよろしいですか?
(当社、事務所では掲示させていただきます)
該当する項目□にチェックをお願いします。

□載せてもよい  □匿名ならよい

□にチェックのない場合は匿名で掲載させていただきます。

郵送 〒665-0874
宝塚市中筋4丁目11番23号ユニハイム1階
または24時間365日受付FAX 0797-88-9783
24時間365日受付e-mail y.watanabe@fudousan-sakura.jp まで
お待ちしていま~す。