不動産のさくら
株式会社 櫻不動産
 8月号  № 75
発行日 21年7月25日
みなさん、こんにちは。やっと雨が降りだしたと思えば、もう8月になろうとしている今日このごろですが、いかがお過ごしですか?暑い夏まっ只中ですが、冷たいものばかり飲んだり、食べたりせず、体調には十分に気をつけてくださいね。(こういう私が一番、冷たいものばかり飲んだり食べたりしていますが・・・。) 先月「6月は空梅雨だ!」とお話したところ、お客様の篠上様から6月をなぜ「水無月」(みなづき)というのかをお教えいただきました。「水無月」とは陰暦(いんれき)の7月のことをさすそうで、6月の梅雨があがり、次の7月は水が無いので「水無月」というのだよと教えてくれました。なるほど、そういうことだったのですね。ありがとうございました。 で、ちなみに10月は「神無月」(かんなづき)というのですが、調べてみますと1年に1度、10月に全国の神様が島根県の出雲大社にあつまり、どこにも神様がいなくなるので「神無月」というそうです。 日常、なにげなく知っている事を詳しく知るとおもしろいものですね。 ということで暑さなんか吹っ飛ばし、今月もまいりましょう!!

* マイケル・ジャクソン氏の訃報の影で・・・ *

ついこの間マイケル・ジャクソン氏が亡くなられたのですが、その同じ日にファラ・フォーセットさんというアメリカの女優さんも亡くなられました。マイケル氏があまりにもビッグニュースだったもので、記事は小さくなってしまったのですが、私にとってはファラ・フォーセットさんの死のほうがビックニュースでした。 ファラ・フォーセットさんは「チャーリーズエンジェル」というテレビドラマで人気が出て、映画で一時代を築きました。「キャノンボール」という自動車レースの映画や「スペース・サタン」という宇宙の映画に主演し、映画館に見に行ったのをよく覚えています。アメリカの女性できれいと思った初めての女性だったかな~、とにかく誰もが知る「金髪美人」でそれはもう、“美しい”の一言でした。 私は子供のころから父がテレビでよく映画を見ていたことから、けっこう多く映画を見ていました。(テレビ放映の分だけですが・・・。)中でもチャップリンのシリーズは楽しみで、メチャメチャおもしろくて、放映されるたびによく声を出して笑っていましたよ。(でもチャップリンの映画って強烈な社会風刺なのですね)そしてヒッチコック監督の映画も引き込まれるように見ていました。あの名作「鳥」なんかハラハラして見ていました。ほかの作品も含めヒッチコック監督の映画は全体的に暗~いイメージで恐かったなあ~。 そして戦争映画なんかもよく見ました。なぜかドイツ軍がやられる映画が多かったです。ロンメル将軍やパットン戦車部隊、潜水艦のUボート、戦闘機のメッサーシュミット、戦艦ビスマルクなどなど、ドイツ軍のことだけがやけに記憶に残っております。当時は‘なんでドイツ軍はこんなに弱いのかなあ?’と思っていたものですが、あのころの戦争映画で日本やアメリカの戦争映画の記憶がないのですよ。当時の日本の国策で放映してなかったのでしょうか? 私は映画館で見た初めての大人の映画は「ジョーズ」という巨大な恐ろしいサメが人間を襲う映画でした。父に連れて行ってもらったのですが、それまでは「東映まんがまつり」などしか見たことがなかったもので、それはもう嬉しかったです。まわりにちっちゃな子供がおらず、何か一味違った印象が残っております。 その後、ますます映画が好きになり、ブルースリーの「燃えよドラゴン」を見て格闘技のまねごとをし、「エクソシスト」や「オーメン」で恐怖に震え(いまだにこの2つを超える恐怖映画は知りません)、「ロッキー」に感動し、「007」のかっこよさにあこがれ、「2001年宇宙の旅」や「スター・ウオーズ」で宇宙に思いをよせ、ファラ・フォーセットさんで大人の女性の美しさを感じたのですね。 そんなファラ・フォーセットさんでしたが、今でいうイケメン俳優のライアン・オニール氏と同棲していたのですね。このライアン・オニール氏がまた男前で、男から見てもほれぼれしますわ、ほんま。それでまた娘さんのティータム・オニールさんも女優で、ほんとうにかわいくて、私は当時高校生でしたが、ベルベット何とか?(ファンのわりにはいいかげん?!)という乗馬?(これまたいいかげんでごめん!)の映画を見て大ファンになったのですね。 これを機にアクションやSFという系列の映画からピュアな恋愛ものの映画も見るようになりました。もっとも印象に残っている映画が「ラストコンサート」という映画でした。余命数ヶ月の病気の少女と老人のピアノ先生(だったかな?)との恋の物語でした。不覚にも私はこの映画を見て初めて泣いたのです。私はすぐに泣く島田紳助氏や徳光和夫氏みたいに、決して涙もろくはないのですが、このときだけはあふれる涙がとまりませんでした。 ということで、ずいぶん脱線してしまいましたが、私の映画鑑賞の人生で多大な影響をもたらしてくれたファラ・フォーセットさんの死はほんとうに残念でした。 心よりご冥福をお祈りいたします。

☆ 大合併? ☆

ビックリしました。あのサントリーとキリンビールが合併すべく準備しているとのニュースです。どちらの会社も日本を代表する“超”優良企業ですね。そんな会社同士が合併を検討しているとは、やはり100年に一度の経済状況がそうさせているのでしょうか? 今の経済状況では、車、テレビ、冷蔵庫、エアコン、家具、などの比較的長持ちする耐久財を取り扱う企業は景気の影響をもろに受けます。自動車メーカーや家電メーカーが苦しんでいるこの状況はまさしくそうですね。 それに対し、どんどん消費するものを扱う企業は景気の影響は受けるけど、“大きな打撃”はない、と言われております。日常で常に消費するもの、すなわち飲料や食品、それにタバコなどがそうです。(まあ、あと電気、ガス、水道、電話などもそうですが)ビールやウイスキーは嗜好品(しこうひん)ではありますが、確実にそれなりに消費していくので売り上げはそこそこ上がるのですね。もちろん地道な企業努力があってのことですが、毎日消費するビールや清涼飲料を取り扱うサントリーやキリンビールは不況に強い会社で、その代表格でもありますね。 そのほか食品ではインスタントラーメンやレトルトカレー、パンやお菓子など食品を扱う会社は比較的安定しています。 サントリーとキリンビールは今の日本の頭打ちの状況を打破するには世界に目を向けていかなくてはならないとのことで、合併の決断をしたそうですが、確かに清酒業界では海外に目を向け、今、韓国では空前の日本酒ブームとのことで、日本の酒造メーカーが力を入れているとのこと。ですので今後、海外で大きな売り上げを望めるのかもしれません。サントリーもキリンビールも日本を代表する一流メーカーで、すでに海外に拠点もあり、外国の会社を買収したりして展開しておりますが、一緒になって世界でさらに飛躍をすることを考えているのですね。 もし合併が実現すれば、この後ほかの会社も動きだすかも知れません。アサヒビール、サッポビールもだまっていないでしょうし、今後、あっと驚くような食品メーカー業界と飲料メーカー業界の再編があるかもしれませんね。 私も飲料業界にちょっとだけいたので、とても気になるニュースでした。

♪ 自転車はやっぱり“ナショナル” ♪

先月号でおじいちゃんが自転車を買ってくれた、泣ける?!話をしたのですが、我が家の次男坊も先日おじいちゃんから自転車を買ってもらいました。私はどんな自転車か知らなかったのですが、新しい自転車を見て思わず嬉しくなりました。それは‘ナショナル’ならぬ“パナソニック”製の自転車でした。 今では日本の自転車も中国製に押され、量販店ではほとんどが中国製ですよね。子供達の自転車を見ても無メーカーといいますか、一見かっこいいのですがほぼ中国製です。ホームセンターコーナンでも26インチの新品の自転車が9,800円で売っているのですから、もう国産の自転車は競技用とか趣味の特殊なものしかないと思っていました。 なのでパナソニックがまだ自転車を作っていたとは思いませんでしたので、その自転車を見てほんと嬉しくて、感動すら覚えました。(ちょっと大袈裟ですが、ほんとです!) ん十年前はあの乾電池の坊や(ずんぐりむっくりの、髪の毛が7:3わけのあの坊や)マークのナショナルの自転車が町中に走っていました。大人用も子供用もそうでした。もちろん私の自転車もナショナル製でした。初めてコマ無しで乗れた時は嬉しかったなあ~、今でも覚えております。あのころはツバメとかツノダとかの自転車もありましたが、高度成長期で自転車業界も勢いがあった時代だったのですね。 どうです?かっこいいですねえ~。スピードメーターや時計も付いていて、パナソニックだけに、どこかに電池を入れたら飛んでいきそうですね。 実は次男坊は小学校2年生なのですが、自転車の練習をイヤがって、コマ無しの自転車に乗れなかったのですね。なので、新しいのを買うに買えず、ずっとお古のもらい物の幼児用のウルトラマンの自転車にコマをつけて乗っていたのです。しかし友達はみんなかっこいい自転車を、もちろんコマ無しで乗っているので、これはイカンと思い、無理やり一緒に練習をして、幼児用ウルトラマン自転車も何とかコマ無しで乗れるようになったのです。その後本人はコマ無しに乗れて嬉しくてウルトラマンの自転車で遊びに行くのですが、友達からは“なんでそんなちっちやい自転車なの?”などと言われておりました。 ということでウルトラマンのコマ無し自転車にもなれたので、新しい自転車を買ってもらったという次第です。めでたく友達にも自慢でき、大喜びの次男坊はちょっとそこに行くにも自転車で行きたがる毎日です。 そういえばウルトラマンの自転車は日本のミヤタ製でした。そして長男の自転車はブリジストン製です。が、中国で作っているとのことでしたので、もしかしたらパナソニックも自転車を中国で作っているのかもしれませんね。(今度、パナソニックの関係者の方に聞いてみよ。) でも、中国製でもいいです!“ナショナル”ならぬパナソニックブランドの自転車があって、ほんと嬉しかった!!

§ 編集後記 §

マイケル・ジャクソン氏が亡くなられて全世界の方が沈んでいたとき、私が非常にお世話になっている東京のN氏という方がいらっしゃるのですが、N氏はマイケルの死が相当ショックだったようなのです。 そして、N氏がメールで言うには・・・“頼むからマイケル・ジャクソンではなくマイケル富岡の間違いであってくれ!!”、“お願いだからマイケル富岡であってくれ!!”、さらに“(死ぬのは)マイケル富岡と代わってくれ!!”と言っていました・・・。 まあ、気持ちはわかりますが、それは「マイケル」の字が同じなだけで、何の関係もありませんので・・・。まあ、マイケル富岡氏も怒るに怒られないとは思いますが・・・。 でもシャリー富岡さんから怒られますね。きっと。  いつもユーモアあふれるN氏なのですが、今回のブラックユーモア、不謹慎ながら私もプッと吹き出してしまいました・・・。 (ところで、マイケル富岡さんもシャリー冨岡さんも知っていますよね???えっ、知らない?!もしかしたら40才以下の方は知らないのかも・・・。悲・・・。)
いいことありました?それともいやなこと?
なんでもいいからぜひ教えてください!

『お客様の声』大募集!!

ふれあいニュースレター『小春だより』では、お客様の声を大募集しております。
小春だよりをお読みになった感想や、これから取り上げてほしいテーマ、不動産に関する疑問はもちろんの事“こんなおいしいお店があったよ”、“こんなおもしろいことがあったよ”等など、なんでも結構です。あなた様からのお声を待ってま~す。
 
 
 
 
 
 
 
 

お名前           様

当社のニュースレター、チラシ、不動産情報誌、ホームページに
あなた様の声を掲載させていただいてもよろしいですか?
(当社、事務所では掲示させていただきます)
該当する項目□にチェックをお願いします。

□載せてもよい  □匿名ならよい

□にチェックのない場合は匿名で掲載させていただきます。

郵送 〒665-0874
宝塚市中筋4丁目11番23号ユニハイム1階
または24時間365日受付FAX 0797-88-9783
24時間365日受付e-mail y.watanabe@fudousan-sakura.jp まで
お待ちしていま~す。