不動産のさくら
株式会社 櫻不動産
9月号  № 76
発行日 21年8月30日
みなさん、こんにちは。いかがお過ごしですか?それにしても今年の夏は調子がくるいましたねえ~。スカッと晴れたと思いきや、次の日には大雨とか、どんより曇り空が多かったり・・・。いつも思いますが、夏は晴天で暑く、冬は雪も降って寒いという自然の流れが一番いいと思うのですが地球温暖化による影響なのか、これもまた最近の自然の流れなのでしょうね。自然現象からすると人間は、はかなくもほんとうに小さな存在です。1人1人がますます“エコ”について考えないといけませんね。 さあ~いよいよ9月です、今月も元気にいきますよ~!!

☆ おフランスの店舗事情 ☆

先日、新聞記事を読んでいてフランスのお店のことが書いてあり、おどろきました。なんとフランスのお店は日曜日に営業してはいけない、ということが法律で決まっていて日曜営業が禁止されていたのですね。はずかしながら、私は全く知りませんでした。 さらに、ドイツ、イギリス、イタリア、スペインの各国も日曜日はお店の営業を制限しており、日曜日はほぼ営業できないような状態になっているのです。 記事によると『日曜休日の起源は旧約聖書の安息日にさかのぼり、人々はローマ帝国時代以来、「日曜日は家族と精神活動のためにある」と考えてきた。』ということで、各ヨーロッパの国々に日曜休日が脈々と受け継がれてきたようです。 調べたところ、ローマ帝国の時代とは紀元前27年からの時代ということですので、今が2009年ですのでヨーロッパでは2000年以上も前から日曜日の休日が定着していたということなのですね。(紀元前って“世紀”の前ってことなので、2000年前でまちがいないですよね???) しかし、この度フランスの国会で大都市や観光地での日曜営業を解禁する法律が国会で承認されました。フランス政府はさっそく年内にも日曜日にお店を営業できるようにしたいようです。 この新しい法律はフランスのサルコジ大統領が年間8000万人が訪れる観光客に目を付け“日曜営業拡大で収益を上げよう”・“もっと働き、もっと稼ごう”と積極的に推進したそうです。(サルコジ大統領自身はいろいろスキャンダルがあり、どうも‘遊び人’というイメージがあるので何か不思議な気がしますが・・・。大統領さん、失礼!!) ただ調査会社によるとフランス国民の半数にあたる55%の人々が日曜労働に反対しているそうです。また「日曜日は家族と精神活動のためにある」と答えた人が86%にも達し、政府も日曜労働には平日の2倍の手当てを出すようにするなどして、日曜営業できる新しい法律に300を超える修正をし、国民の理解を得ようとしているようです。 ということで大統領の強い希望の日曜営業ですが、どこの国でも国民の意見は大切です、2000年も前の古代ローマ時代からの流れをそう簡単には変えることはできないのでないでしょうか・・・。 先日、日本人観光客がイタリアに行った時に、レストランで食事をして支払いを何十万円も請求されるいわゆる‘ぼったくり’が問題になり、イタリアの外務大臣が謝るという異例の展開になっていましたが、恐らく「この手の事件」は以前から相当あったと思います。日本人に限らず、他の国の観光客もずいぶん被害にあっているのと思いますよ。 イタリアも日曜営業は年間たったの8日ということです。日曜日に営業しないかわりに、その分観光客相手からとってやろうということではないとは思いますが、普通のレストランでこれではイタリアのレストランには気軽に行けませんね。(せっかく今度イタリアに行こうと思っていたのに、やめとこっと・・・。イタリアに行く?←ほんまかいな?!) このぼったくり事件はフランスではないけれど、同じヨーロッパ圏でこんなことで外務大臣が謝るほどのダメージで観光客が減ってしまえば、日曜営業どころではありません。“もっと働き、もっと稼ごう”の根底にお客様へのサービスの質があることをよ~く考えておいていただきたいものです。 近年労働時間が短縮され、休日も増えた日本ではありますが、このようにヨーロッパの国々と比べるとまだまだ長時間労働のようです。24時間営業のコンビニが無いフランスの人が、北海道から沖縄までそこらじゅうにある『24時間365日年中無休』の日本のコンビニを見たらさぞかしびっくりするのでしょうね・・・。

* ポイ捨て禁止~!! *

今の新しい事務所に移転して、この夏でまる2年になりました。ほんとうに早いものですね。何事も無く、無事にここまでこられているのも、皆さんのおかげでございます。あらためてお礼申し上げます。感謝。 2年がたち、今の事務所も前の事務所もそれぞれどちらもいい面があり、今でも旧事務所の前を通るたびに懐かしくなり、いろいろなことを思い出します。が、今の事務所に移転してから前の事務所と比べ、大きく違うことが一つあるのですよ。何だと思いますか? それは前の道路に落ちているゴミです。しかも、量も質も違うのです。今の事務所はもちろんのこと、旧事務所も前の道路のそうじをしていたのですが、今のJR中山寺駅の駅前事務所と以前の旧176号線沿いの交差点にあった旧事務所と、どちらのほうがゴミが多いと思いますか?一見、人通りが多いJR駅前の道路のほうが多そうですよね。でも旧事務所の前の道路ほうがはるかに多かったのです。 なぜでしょうか?その原因は「車」です。ドライバーが車からポイ捨てするのですね。旧事務所周辺は夜になると全く人の気配がなくなり(おかげで13年の間に3回も泥棒に入られた!!泣。)、また交差点の赤信号で止まったときに、車が建物の影になり、ゴミを捨てやすいのですね。 ゴミの中では何といってもタバコの吸殻が一番多かったです。一晩でものすごい数の吸殻が捨ててあるのです。中には灰皿をそのままひっくり返したような感じで山盛りになっているものもありました。口紅のついた吸殻もけっこうありましたよ。 その他、空き缶、ペットボトル、栄養ドリンクの瓶、ガム、使い捨てライター、コンビニの袋につめた弁当のゴミ、カップラーメンの殻、紙くず、お菓子の袋、おむつ、下着、靴下、スナックのおねえちゃんの名刺などなど・・・。ほんといろいろなゴミを道路に捨てていました。 それに比べ今の事務所は駅前で人の目があるのでしょうか?上記のようなゴミはほとんどありません。タバコにしてもポイ捨てをしにくいのだと思います。タバコの吸殻はほとんどありません。あっても数本です。さらに今のところ、口紅のついた吸殻は1本もありません。 この現実を直面し、あらためて人が見ていないところと、人目の多いところでこれほど差があるのだなあ~、とつくづく思う今日このごろです。私もそうなのですが、人の見ていないところではついつい、‘まあ、いいか!’という気持ちになってしまいます。今回ここに書いて、私への戒めにしようと思います。 あ、そういえばもう一つ違うことがありました。今の事務所はさすが1日約8,000人が利用するJR駅前!! 旧事務所前では一度もないことがありました! ある朝、事務所のシャッターを開けると・・・、前の道路にビールの空き缶が少々と固まりかけた山盛りの大ゲロがありました・・・。(食事中の方、すみません・・・。)

♪ 恒例の夏休み ♪

冒頭で今年の夏の天気がおかしいとの話をしたのですが、そんな中、今年も海、山、川へとあちこちと遊びに行ってきました。 昨年に福井県の若狭湾の海に初めて子供達を連れて行ったのですが、いい海水浴場で皆とっても気に入り、今年も行きました。はじめに予定していた日に雨で行けず、再度行くと決めた日もくもり。しかしその日しかなかったので強行して行きました。が、海水浴場に着くと残念ながら雨でした。でも海水浴客はけっこういましたし、泳ぎました。  海では魚も取れたし、海水の温度も高く泳げましたのでそれなりに楽しんできました。やはり日本海の海は違いますよね。きれいな魚がいっぱい泳いでいて、そこらへんにウニもいます。そして小さいけれどもサザエもいました。(もちろんそれらは漁業組合から採ることは許されていません。) が、今回はサザエを2つだけいただいてきました。次男坊がどうしても食べたい!ということで、スーパーで買ってきたものではない、大自然の海で採れた海の幸を食べさせてあげたくなり、心の中でゴメンと言いながらもらいました。(さっき人の見ていないところで・・・、なんて言っていましたがこの場合はちょっと違いますよね?どうかご理解を・・・。) 山では三田方面のバンガローでバーベキューをしたのですが、今年はカブト虫、クワガタ虫が例年になく、たくさんとれました。毎年採れる場所は決まっていますので、他の人も知っている人は知っているので、行く時間帯や先に誰かさんが行っていると全然採れない時もありますので、正に“運”次第なのです。今年は運が良かったようですね。 それにしても樹液が出ているクヌギの木にはりついている野生のカブト虫、クワガタ虫を採るのはこれ以上ない喜びです。(大人の私のほうが喜んでいます・・・。)  でも天気の影響でしょうか?夜はめちゃくちゃ寒かったです。昼間は天気もよく暑かったのですが、寝るときはすでに寒く、毛布を1枚かけて寝たのですが、夜中に何度も毛布をかけなおし、とても1枚では足りないくらい寒かったのです。   ということで今年も短い夏を楽しく過ごしてきました。やっぱりいいですね~、夏は。

§ 編集後記 §

先日「レジ待ちの行列、進むのが早いのはどちらか?」という本を購入したのですが、見事にやられました。 新聞の広告では3列のレジにそれぞれ人や猫や宇宙人?が並んでいる絵があり、どの列もひと目で見てどこが早いかわからないので、なにか特殊な見破る方法でもあるのかな?と思い、また「するどく心理を見抜き、ストレスをなくす!!」なんて書いてあるので購入したのです。 が、実際に本の中身を見てがっかり。本の中の絵では、3列のうち2列にお年よりの方が並んでいました。しかもそのうちの1列は90度に腰のまがったお年寄りの方が・・・。当然進むのが早いのはお年寄りの方がいない残りの1列。だれでもわかります。この絵が新聞の広告に載っていればこの本は買いませんでした。 でも、新聞の広告では人や猫や宇宙人が載っている絵に対して、どの列が早いのか?なんて一言も書いていません。勝手にこちらが思い違いをしているだけなのですね。見事にやられました。このほか7割がだいたい常識で判断できる内容でした。ほんとがっかりだったなあ・・・。  さらに悔しいのがこの本の著者の本を以前にも買っており、その時もきつねにつままれたような?!悔しい思いをし、2度と買うまい!と思っていたにもかかわらず、です。   ん~ん、心理学者が○○師と紙一重なのか、それとも私が単純なのか・・・。
いいことありました?それともいやなこと?
なんでもいいからぜひ教えてください!

『お客様の声』大募集!!

ふれあいニュースレター『小春だより』では、お客様の声を大募集しております。
小春だよりをお読みになった感想や、これから取り上げてほしいテーマ、不動産に関する疑問はもちろんの事“こんなおいしいお店があったよ”、“こんなおもしろいことがあったよ”等など、なんでも結構です。あなた様からのお声を待ってま~す。
 
 
 
 
 
 
 
 

お名前           様

当社のニュースレター、チラシ、不動産情報誌、ホームページに
あなた様の声を掲載させていただいてもよろしいですか?
(当社、事務所では掲示させていただきます)
該当する項目□にチェックをお願いします。

□載せてもよい  □匿名ならよい

□にチェックのない場合は匿名で掲載させていただきます。

郵送 〒665-0874
宝塚市中筋4丁目11番23号ユニハイム1階
または24時間365日受付FAX 0797-88-9783
24時間365日受付e-mail y.watanabe@fudousan-sakura.jp まで
お待ちしていま~す。