不動産のさくら
株式会社 櫻不動産
 3月号  № 82
発行日 平成22年2月25日
こんにちは、皆さん。いかがお過ごしですか?私は毎年、この時期からゆううつになるのです。そう、花粉です。しか~し、今年は花粉が少ないそうで、そのとおり今はまだ花粉症が出ておりません!!こんな嬉しいことはありませんよ。昨年の今頃はもうくしゃみ、鼻水、涙目で大変でした。が、しか~し今年は快調です。できることならこのまま花粉症が出ずにゴールデンウイークまでいってほしいなあ~。 ということで花粉症が出ないことを祈り、今月もまいりましょう!!

☆ 素晴らしい! バンクーバー オリンピック ☆

連日にぎわっておりますオリンピックですが、選手たちのがんばっている姿はいいものですね。さて、いきなり「腰パン」問題で批判をあびたスノーボードの国母選手ですが、競技ではすばらしい滑りでした。果敢にチャレンジして転倒しましたが、いいものを見せてくれましたよ。国母選手のおかげでスノーボードの魅力をあらためて知りました。(今度、スノーボードもやってみようかな~。え~、おじさんは無理か?)ということで「腰パン」と反省会見での“ちっ、うっせえなあ~”と‘反省してま~す♪♪’の発言は大目に見ましょう。 スピードスケートでは銀メダルと銅メダルを獲得。フィギアスケートでも高橋選手が4回転ジャンプに挑戦して失敗しつつも銅メダル、とすばらしい活躍でした。織田信長ではなかった織田信成選手も大健闘!!靴ひもが切れるなんて、これも運命なんですね。 それにしても残念なのが上村愛子選手。会見での涙を流しながらも明るく話す姿に私はもう、涙、涙でほんとうにかわいそうでした。4位というのは素晴らしいのですが、なんとかメダルを取ってほしかった。有力な選手がつぎつぎと転倒して上村選手のメダルがすぐそこまで見えていたのに、最後の最後に銅メダルがするりと逃げていってしまいましたよ。オリンピックの神様は上村選手にまたしてもつらい試練を与えたのですね・・・。    私は特にモーグル競技が好きで、女子モーグルのほかの3人の選手にも注目していたのですが、みんな素晴らしかった!長野オリンピック金メダルの里谷選手は果敢に攻めて転びました。しかし、その転んだ2回目の滑りは上村選手をも上回る滑りに見えました。ほんと晴らしい挑戦でした。19歳の村田選手も一時はトップに立つなど大健闘。次のオリンピックに大いに期待できます。 女子選手3人はみんな黒いヘルメットの真ん中に日の丸をつけての堂々たる滑りでしたよ。心から拍手を送りたいと思います。上村選手は結婚しましたが、私は4年後のオリンピックにも出場するのでは?と思っております。なのでそのときには神様、どうかお願い、上村愛子選手にメダルをあげて!!ありがとう上村愛子選手!ずっ~と応援したいと思います。(ところで私、今年新しいスキー靴を買いまして、なんと上村選手と同じスキー靴なんです!!!レグザムという大阪のメーカーのスキー靴ですが、とてもはきごこちがいいんですよ。高いだけありました。(泣)ついでに滑りも同じだといいんですが・・・。) この他、ジャンプや滑降、新種目のスキークロスなどなどたくさん楽しませてくれました。いや~、オリンピックってほんとにいいですね!感動をありがとう。

§ 恐るべし中国 §

ジャーナリストの櫻井よしこ氏の「世界の中の日本」という講演を聞いてきました。櫻井氏の話はテレビや新聞、雑誌でたびたび聞いたり、読んだりしていたのですが、なかなか厳しい意見をおっしゃる、芯の通った女性です。生の講演を聞いてちょっとファンになりました。  櫻井氏は女性ながらもとても愛国心が強く、さすがジャーナリストらしく世界情勢のことや政治のことをかなり詳しく知っていて、私たちにわかりやすく話をしてくれました。台湾やインド、そしてアメリカや中国のこと、また国内では民主党の鳩山総理と小沢氏のことをばっさりと切り捨てていました。 特に熱を込めて話していたのが中国のことです。中国は戦後アメリカがうまく日本をコントロールして、甘い汁をぞんぶんに吸ってきた現実を見て、今度は自分が日本の骨のずいまで吸い尽くしてやろう、というこんたんのようです。そして骨のずいまですったその後は・・・。(決して「中国が日本を支配する」とは言いませんでしたが、私にはそのようになるかもしれないから気をつけよ!と聞こえましたが。) 今の日本にとって中国は経済上非常に重要ですが、中国からすると日本のお金と技術を「盗む」絶好のチャンスととらえているそうです。そして、その裏でますます軍事力を身につけ、ちゃくちゃくと準備をしているそうです。核兵器はすでに持っていますし、ミサイルに戦闘機、軍艦や潜水艦も経済成長にともない軍事費を上乗せしてどんどん作っています。そんな中国は脅威そのものです。 櫻井氏によると1993年からはじまった江沢民(当時の国家主席)氏による大々的な反日教育により中国人民はかなり日本を嫌いになっているようで、中国国民に向けて「日本をやれ!」と言えば比較的簡単に動くのではないかと言っていました。 それを押さえているのは、ほかならぬアメリカで、日本とアメリカの関係が良好な限り大丈夫なのですが、もしアメリカと中国ががっちり仲良くなれば日本の未来はとても暗いものになると言っていました。 そんな中国なのですが、ここにきて民主党政権になり、鳩山総理は基地問題でアメリカに不信感をいだかせております。また小沢氏は国会議員143人を含む総勢600人をも引き連れ、中国の国家主席胡錦濤(こきんとう)氏にしっぽをふって会いに行きました。なので櫻井氏は今やっていることが反対で、国際情勢がまるでわかっていないと怒り心頭でした。(また、あの中国訪問で小沢氏と同行した国会議員143人が金太郎あめよろしく、一人ずつ胡錦濤氏と写真をとって喜んでいる!と怒っておりました。) 櫻井氏が最も問題だと話していたのが、「日本に住んでいる外国人に国政選挙も含めて選挙権を与える」ことを鳩山総理が考えていて、小沢氏が早くしろ!とハッパをかけていることだと言っていました。 外国人の方には日本に長年住んで、永住権の資格を持っている特別永住者という方とそのほかの一般永住者の2かたがいらっしゃいます。特別永住者というのは戦前、戦中に日本が韓国や北朝鮮から連れてきた方で、戦後も引き続き日本に住み続けている方です。一般永住者はそれ以外の方です。いずれの方も選挙権がありませんので県会議員や国会議員、市長や知事に投票することができないのです。地方参政権(市長や県会議員などへ投票する権利)も国政参政権(国会議員へ投票する権利)もありません。 そもそも外国人の方は永住権をとるにも10年以上日本に継続して居住していないといけないので選挙権どころか永住権もとることが難しいのです。自民党では特別永住者に限り、地方での選挙権を持ってもらうべく法律を考えていたそうですが、民主党は一般永住者にも地方での選挙権はおろか国政での選挙権を与えようとしているそうです。しかも永住権をとる期間を5年に短縮して永住権と選挙権を早く与えるように法律を変えようとしているそうです。 櫻井氏は特別永住者の皆様には選挙権を持ってもらうことには賛成であるが、なぜ一般永住者にまで選挙権を与え、しかも国政の選挙権まで与えるとは全く理解できないと言っていました。 仮にそうなれば、一番喜ぶのが中国で、中国から日本に来ている留学生なんて4~5年は充分に住むので簡単に永住権と選挙権を取得します。中国の人口は多いです。今後もどんどん日本に入ってきます。先に触れたように中国民は日本が嫌いです。そんな人たちが悪意をもって日本に住んで、選挙権をとり、日本で自由に選挙をして10年後、20年後の日本の政治に影響を与え、中国が何らかの支配をしようと考えも不思議ではありません。中国が将来「日本を支配?!」いくらなんでも考えすぎやで!そんなバカなことがおこるわけがない!と楽観できるのでしょうか? そもそも中国は共産党の一党独裁なので一般市民には自由な選挙がありません。自国で自由な選挙をさせず、日本で自由な選挙をさせるなどけしからん!と怒っていました。 たまたま先日の読売新聞にも外国人参政権のことをテーマにした投書の特集がありましたが、中国の脅威を考えているものはありませんでした。(もっともそんな意見を新聞に載せられるわけもありませんが)しかし、今回の櫻井氏の話には衝撃を受けました。中国まさに恐るべし。それにしてもヨーロッパのように日本と韓国と中国と北朝鮮の4国で仲良く協力してできないものでしょうか。 はたしてこの法案は通るのでしょうか?日本は民主党で大丈夫なのか・・・。

♪ アライグマ騒動 ♪

先日M様のお宅におじゃました時に玄関先に大きな金網のネズミ捕りみたいなものが置いてありました。M様に‘これはなんですか?’とたずねると‘アライグマ捕獲器ですよ’とお話してくれました。 数ヶ月前からたびたびアライグマが出没し、植木や花を散らかし、どろのついた足でそこらじゅう歩き回るので足跡の掃除が大変なのです、とのことでアスファルトの駐車場を見ると明らかに犬や猫とは違う“けもの”の足跡がくっきりとついているではないですか。なにやらM様宅に住み着いているアライグマは親子で3~4匹いるらしく、池の周辺を寝床にしているらしく、それで池の泥の足跡がくっきりとついてしまうそうです。 アライグマは見た目はとってもかわいらしく愛嬌があるのですが、凶暴らしいです。宝塚市では畑の農作物など、あちこちで被害があり捕獲作戦をしていて『アライグマ取り器』をあちこちに無料で貸し出ししているそうです。でもなかなか捕まらないそうで、M様の捕獲器にも今のところえさだけを取られ、捕まえることができていないそうです。 人間の勝手でペットとして飼われ、手に負えなくなり捨てられてしまい野生化し、今度は邪魔になるから捕獲する、という人間のエゴ丸出しのこの結果。先日も新聞に載っていましたがペットとして飼われていて捨てられる犬もかなり多く、そのほとんどが「処分」の名のもとに保険所に連れていかれます。 それにしてもアライグマも犬もいい迷惑。一部の悪徳ペットショップの経営者や飼えなくなると捨てる心無い人に、ほんとうに家族の一員として大切に動物を飼っている人たちのつめのあかを煎じてのませてやりたいです。

§ 編集後記 §

先日、兵庫県宅地建物取引業協会設立50周年記念式典に行ってきました。記念式典会場は神戸ポートピアホテル。以前にも書きましたが、ほんとこのホテルは豪華で、すばらしホテルですね。 式典は、北は北海道宅地建物取引業教会から南は沖縄県宅地建物取引業教会まで47都道府県の協会の会長さんを全てご招待し、さらにはアメリカ・ワシントン州からも全米不動産協会の関係者を呼び寄せて、兵庫県知事、国会議員、県会議員、市会議員など多数を集め、ほんと盛大に行ったのでした。 設立が50年前とは、まだ私が生まれていない時からなのですね。相変わらず一部どうしようもないへんな不動産業者がいるものの、ずいぶん前から不動産業の諸先輩たちはがんばっておられたのだな~、とあらためて敬意と感謝の気持ちになったのでした。 記念パーティーの会食の料理もフルコースで堪能したのでしたが、となりに座っていたとある大先輩の不動産業者さんは、そのとなりのキャンセルになった空席のひとの分も「ここは人がおるから料理持ってきてやあ~。」と係りの方に料理を運ばせて、せっせと2人前を平らげておりました・・・。 しかも、なんと!ビニール袋を持参!!!スキを見てはパンを袋につめて、お代わりし、全部で20個くらい袋につめ、持って帰りました・・・。(その他、お箸やつまようじ、マッチなども・・・。) とまあ、そういう私もその大先輩の不動産業者さんに「あんた若い(その大先輩よりは)んやから、いっぱい食べれるやろ~、これあげるわ!!」と無理やり?!料理をもらい、メインのお肉やらデザートなどなど、2人前をいただいたのでした・・・。(まあ、会費たくさん払っているからいいよね。)
いいことありました?それともいやなこと?
なんでもいいからぜひ教えてください!

『お客様の声』大募集!!

ふれあいニュースレター『小春だより』では、お客様の声を大募集しております。
小春だよりをお読みになった感想や、これから取り上げてほしいテーマ、不動産に関する疑問はもちろんの事“こんなおいしいお店があったよ”、“こんなおもしろいことがあったよ”等など、なんでも結構です。あなた様からのお声を待ってま~す。
 
 
 
 
 
 
 
 

お名前           様

当社のニュースレター、チラシ、不動産情報誌、ホームページに
あなた様の声を掲載させていただいてもよろしいですか?
(当社、事務所では掲示させていただきます)
該当する項目□にチェックをお願いします。

□載せてもよい  □匿名ならよい

□にチェックのない場合は匿名で掲載させていただきます。

郵送 〒665-0874
宝塚市中筋4丁目11番23号ユニハイム1階
または24時間365日受付FAX 0797-88-9783
24時間365日受付e-mail y.watanabe@fudousan-sakura.jp まで
お待ちしていま~す。