不動産のさくら
株式会社 櫻不動産
2月号  № 93
発行日  平成23年1月28日
こんにちは、みなさん。日増しに花粉症の恐怖?!におびえながら過ごしております今日このごろですが、みなさんいかがお過ごしですか?冬、真っ只中。風邪など引いていませんか?寒いのでどうぞお気をつけ下さいね。 さて、私の今年のおみくじは「吉」でした。妻も子供2人もそれぞれ小吉、中吉、吉とまずまずでしたが、下の子は「吉」では満足せず、別の神社でどうしてももう一度おみくじを引きたい!と言いはりました。‘せっかく「吉」を引いているのに「凶」が出たらどうするの?’と聞くも「大吉」を引きたい!!とのこと・・・。 そして2回目のおみくじを引きました。すると、なんと見事に「大吉」を引き当てたのでした・・・。先月の「幸運」の話ではないですが、次男坊はまさしく“自分は運がいい!”と思いこんでいるようです。よくよく考えると次男坊は幸運を引き寄せる4つの法則のうち「自分は運がいいと思う」・「幸運を期待する」・「チャレンジ精神旺盛」の3つはこなしているような感じが・・・。あとは「不幸を不幸と思わず、幸運に考える」だけかあ~。まあ、先が思いやられるかわいい暴れ馬?!(午年生まれ)の次男です・・・。 ということで私も子供に負けず、今月も元気よくいきますよ~!!

◇ 献血 ◇

日、献血をしてきました。宝塚市役所に行った時に献血車が来ていて、日本赤十字社の職員の方に熱心にお願いされ、特にA型が不足しているとのことで、私もA型ですのでちょうどいいと思い、協力させていただきました。A型の人が圧倒的に多い日本では、やはりA型の血液を必要としている方が多いのでしょうね。
血もさることながら、職員の方がとても親切で感心しました。用紙の記入から、医師の問診、献血の作業、その後のホローと、ことあるごとに親切、丁寧に説明してくれたのでした。なにより、1人の人間の身体から400ml(または200ml)もの血液を採るので、体調のことが心配とのこと。なので、「飲み物をどんどん飲んでくださいね!」と勧められ、無料のジュースを献血の前、中、後と3本も飲んでしまいました。(汗)
が献血をしたのは平日の午前でしたが、意外だったのは、勤務中と思われる男性が多かったこと。受付中も私の他に2人の男性がいて、そのほかぱらぱらと男性が来ていましたよ。さらに献血車の車内にも3名の男性の方が献血中で、世の中捨てたものじゃないなあ~、と感じました。こうして献血することで誰かのお役に立てるのですから、いいことですよね。私もちょっぴり嬉しい気持ちになりました。
の妻はしょっちゅう献血に行くのですが、体重が足りないとか、体調が悪いときはできないそうです。女の人は貧血とかが多く、特に注意が必要だそうです。なので、できる人ができるときに協力しないといけないのかなあ~、と感じた次第です。
、世間では‘タイガーマスク寄付’が全国的な流れとなり、善意がたくさん届けられていますね。ほんとうにいいことだと思います。しかし、金銭や物、献血でなくても、気がついたゴミを拾うとか、お年よりの方に親切にするとか、身の回りのほんの小さな善意でも一人ひとりの積み重ねが世の中をいい方向に導くと思います。 ということで、また献血にご協力させていただくとともに、小さな善意も私からがんばって行動してみたいと思います。

♪ 神戸花鳥園 ♪

戸ポートアイランドにある「神戸花鳥園」に行ってきました。以前から知っていたのですが、なかなか行く機会がなく、(というよりも私と子供の休みがたまにしか合いませんので、そんな時‘どこに行きたい?’と聞くと、すかさず‘釣りに行きた~い!!!’と言われ、最近は釣りばかりでしたので・・・。)また妻の希望でもあり、冬休みを利用して行ってきたのです。
内に入ると、まずはかわいいフクロウたちがお出迎えしてくれます。ガラス越しですが、すぐ目の前で見られます。私はこんな近くで見るのは初めてで、いろいろな種類のフクロウがいるのですが、どれもかわいいのですね。思わず見とれてしまいました。子供たちはガラスに顔をはりつけ、フクロウにつつかれたりしてびっくりしていました。
鳥園はとっても広く、園内のレストランとテラスにある花は圧巻でした。きれいな花が咲き乱れ、花に囲まれコーヒーを飲むと心が落ち着くなあ~、と思いきや、一口飲んだところでカップをテーブルに置いたとたんに手がすべり、ひっくり返してしまいました・・・。どうも、こういうシーンには合わないようで(-◇-)
日に何回かショーがあり、ハヤブサとフクロウが芸をしてくれます。会場を飛び回るのですが鳥の習性なのでしょうかね、人の頭すれすれにかすめて飛ぶのです。大人も思わず首をひっこめビックリしていました。どちらも頭のいい、人になれやすい鳥だそうで、見事に芸を楽しませてくれましたよ。
た、園内の中央では熱帯地方のカラフルな色の鳥たちが放されており、鳥たちは人間の手に止まり、フルーツを食べるのです。(有料ですが)これには子供たちも大喜び。ただ、けっこう大きな鳥でくちばしも大きく、ちょっと恐かったかも・・・。
の他、大きな池で鶴?みたいな鳥や、雷鳥?みたいな鳥にもエサを食べさせたり、もう一つの大きな池の中に手を突っ込むと魚セラピーみたいに小魚が手をつついたり、ペンギンにエサをあげたり(これも有料)盛りだくさんな内容でした。 もし、まだ行かれたことがない方は、一度行ってみてはどうでしょう?大人だけでも充分楽しめます。バイキングレストランやカフェもありますので一日ゆっくりと遊べますよ。
神戸花鳥園 観光ご案内 〒650-0047 神戸市中央区港島南町7-1-9(ポートアイランド内)
TEL:078-302-8899 FAX:078-302-8222
●入園料(税込み)
大人(中学生以上) 1,500円
小人(小学生) 700円
シルバー(65歳以上) 1,000円
●開園時間  年中無休
 9:30~17:30
(ご入園締め切り 17:00)

* そんなに急いでどこに行く?! *

   んなに急いで・・・とは、東京~大阪間に新しく造る『リニア新幹線』のことです。JR東海が2045年開業に向けて動き出しましたね。なんと、東京~大阪間がたったの67分ということです。1時間ちょっとで東京まで行けるなんて、旅行気分は吹っ飛んでしまいますね。
もたまに東京へ行くのですが、いつも「ひかり」で行きますので3時間の旅です。(実は‘早得キップ’が安いので・・・。)その間に本を読んだり、景色を見たり、コーヒーを飲んだり、ゆっくりとした時間です。なんなら「こだま」で5時間かけて東京まで行ってもいいかな~、とも思うくらいでもありますが・・・。
あ、この移動時間がいいのですね。ビジネスマンにとってはつかの間の休憩時間でもあり、残っている仕事をするもよし、商談にあてるもよし、うたた寝するもよし。旅行する人にとっても移動時間はわいわい、がやがや、飲んだり、食べたりで楽しい時 間ですよね。
いうことで究極の鉄道旅行といえば「トワイライトエクスプレス」ではないでしょうか。“夢の寝台特急”と言われ、大阪から札幌まで約22時間という長時間の旅です。今では珍しい食堂車があり、豪華な個室やシャワー室、展望ラウンジなどがあり、まさに移動時間を楽しむための列車ですね。私はまだ乗ったことがなく雑誌や本で乗った気分になり、楽しんでいるのですが、乗った方の話では「本当によかった!」とのことです。私もいつか乗りたいなあ~。
はもとに戻りますが、リニア開業で移動時間の短縮という意味では、やはり早いにこしたことはないのかもしれません。特にビジネスや医療分野では効果が大きいでしょう。
R東海によると、新幹線のスピードが限界にきているということと、今の新幹線の補完の意味もあり、第2の動脈が必要である、ということらしいです。
でも「のぞみ」で東京~大阪間が2時間30分と、かなり早いと思うのですが、日々進化していかなければならないのでしょうね。リニア新幹線は旅情を楽しむというよりも、「移動のための手段」と割り切って利用したほうがいいようですね。
づれにしても2045年開業ですから、あと34年も先の話です。生きていれば冥土のみやげ話として、ぜひ乗ってみたいものですね~。

§ 編集後記 §

あれから16年・・・。阪神・淡路大震災ではたくさんの方が犠牲になりました。私も含め、人々の記憶からどんどん遠ざかっていきます。先日、宝塚市の広報を見ていたら「大震災の経験」と題したページの地震の被災写真に、当時の当社が入っていたビルの写真が写っていてハッとしました。あの時は独立開業した次の年でしたので、ぐちゃぐちゃになった事務所を見て真っ暗な気持になっていました。  しかし今、こうして元気にいられます。運命とは紙一重、私はたまたま生かされました。生かされている今を、精いっぱい生きて行きたいと思っております。 犠牲者の方に心よりご冥福をお祈りいたします。