不動産のさくら
株式会社 櫻不動産
3月号  № 94
発行日 平成23年2月20日
みなさん、こんにちは。さて、各地で大雪となった2月でしたが、いかがお過ごしでしたか?雪の被害が大変で、富山県や鳥取県では大雪のため特急電車が立ち往生してしまいました。私が子供のころも新潟に行くときに大雪で電車が止まり、電車ごと雪に埋もれてしまい、何時間も過ごしたことがありました。あの当時の新潟県の田舎の家は豪雪地帯でいつも雪に埋もれていましたよ。 そんなわけで昔から雪にはなじみがあり、被害にあわれた方には大変申し訳ないのですが、どちらかと言うと雪は好きな方なのです。この辺の都会では雪が積もるのは珍しいので、先日の積雪では普段はめったに見慣れない雪景色を見て、水墨画のようでとてもきれいだなあ~と思いながら、しばし眺めていたのでした。 ということで気持ちを切り替え、今月からは特に、花粉に負けず!!!元気よくいきますよ~。

◇ 献血その後・・・ ◇

ということで、先月の献血の話の続きです。その後、献血の結果のハガキが送られてきました。献血のあとに「検査結果を郵送しますね」と言われていたのですが、‘自分は健康だ!’と信じていたので全く何も気にしていなかったのですが、検査結果を見て「コレステロール」の数値が高く、「医療機関への受診をお勧めします」なんて書いてあるので、少々落ち込んだ次第です。 人間の食の3大欲求と言われる「アルコール」・「甘味」・「脂肪」(油分)ですが、どれも取りすぎると身体によくありません。「アルコール」はもちろんお酒のことで、ビールやウイスキー、日本酒、ワインなどですが、私の場合、アルコールは飲み会で飲む程度で、ほとんど飲みませんので心配ないのですが、好きな方には止められないようですね。 「甘味」は甘いものですね。ケーキやおまんじゅう、ビスケット、チョコレート菓子などなど、男女子供、大人、高齢者問わず、好きな方が多いのではないでしょうか?私にはこちらの方が止められそうになくて・・・。  あと「脂肪」ですが、これは戦後の日本食の欧米化により、好む、好まないにかかわらず、みなさん食べる機会が多くなりましたよね。生活習慣病にも大きく影響してきます。 コレステロールは「脂肪」(しぼう)が多く使用されている、脂(あぶら)っぽいものをたくさん食べると数値が高くなります。ハンバーグ、とんかつ、から揚げ、ギョウザ、チャーハン、こってりラーメン、てんぷら、焼肉、スパゲッティ・・・。ん~ん、美味しそう。確かにどれも好きです・・・。 私の場合、夕食は妻が考えて作ってくれているので脂肪の多い料理は少ないので問題ありません。なので、私の場合のコレステロール数値が高い原因は外食の昼食です。自分ではお昼ごはんで、脂っこいものをそれほど食べている感じはなかったのですが、考えてみると確かにラーメンと中華料理は多いような気がします。(ラーメンの‘脂肪’を取りすぎなのか?どうしよう!ラーメン「来来亭」のポイントがたまって‘1ヶ月間毎日ラーメン無料!!’の券をもらうと大変なことになりそうだ・・・。) しかし、検査結果の私のコレステロールの数値は267で、標準値が110~250とのことですからそれほど大きくオーバーしていないので、今から注意していこうと思います!(と、いいながら昨日またラーメンを食べてしまった・・・。)脂っこいものが好きなあなた!お互い気をつけましょうね!!! 献血好き?!の妻がいつも“人のお役に立てて、自分の健康状態もチェックできるよ!”と、言っていましたが、ほんとにその通りだと思いました。

♪ オフィスグリコ ♪

さらに「甘味」に関係する話です。甘いものも食べ過ぎるといろいろな病気になってしまうのですが、なかなかやめられないのですね。そんな甘いものが好きな男性に‘朗報?!’なのか、はたまた‘困ったこと?!’なのか、江崎グリコさんがある「発明」をしてくれました。 街で最近、よく小さなグリコの車を見かけるのですが、グリコの「置き菓子」(おきかし)の営業車なのです。「置き菓子」とは、いろいろな会社にお菓子をつめた箱と料金箱を置いておき、その会社の人が、自分の好きなときに箱に代金を入れて、好きなお菓子をその場で買って食べるというシステムです。 いや~参りました。なんともくすぐるシステムですよね。私がこの置き菓子のある会社にいたならば、絶対“上得意”になっていましたよ。外回りから帰ってきて、社内のデスクの近くに‘ポッキー’なんか見えるものならば、絶対に買ってしまいますよ(^^; 当初、グリコでは利用者を「社内の女性」と想定していたそうですが、実際始めてみると利用者の7割が男性だったとのことです。世間のビジネスマンも私のような男性が多いのですねえ~。(私も実は会社にお菓子の買い置きがありまして、夕方にこっそりつまんでおります・・・。         ↓読売新聞より↓ グリコさんによると、それはもういろいろ大変なご苦労があったようですが、その後アイスクリームや他社のお菓子も加え、今では年間に40億円も売り上げるようになったそうです。あっぱれ!江崎グリコ。 ということで、甘いものも食べ過ぎるといけないのであって、少しならいいよねえ~♪

☆ 阪急電車 ☆

     先日、お客様の奥田様のおすすめで、小説「阪急電車」を読みました。奥田様はまさに‘ロマンスグレー’という表現がぴったりの、とてもやさしい紳士的な方です。(若かりしころは、よくモテたと思われます。いや~、もちろん今も!!)そんな奥田様は“この小説は読み終わったあと、とてもさわやかな気持ちで、ほわ~んとするよ“とのことでした。 私は失礼ながらこの小説の作家の有川浩氏を全く知らず、最近この小説が映画化されるにあたって、阪急今津線でロケが行なわれていた、程度のことしか知りませんでした。なので奥田様にすすめられてもピンとこなかったのです。 しか~し!この本のあとがきでも「アタック25」でおなじみの俳優、児玉清氏が絶賛していましたが、なるほど納得、50万部も売れているのがわかりました。とても面白い小説で、私も一気に読んでしまい、読み終わったあと、すがすがしい気持ちになりましたよ。 あの登場人物はあの日の私ではなかったのか?そんな錯覚さえした男女の人間模様。特に女性の視点から構成されていて、あの小説を読んだ男性の中には独り赤面していた人もいるのではないでしょうか?(私も・・・。)有川浩氏もきっといろいろな恋愛をし、女性に相当痛い目?!にあっているのかも? 田舎から出てきたうぶな男女、世間の理不尽を思い知る女、大阪のがめついおばちゃんと人生経験豊富な強いおばあちゃん、最近の女子高生にそのもう一つ上の世代の女子大生・・・。宝塚駅から西宮北口駅までそれぞれの人物をうまくつなげ、とてもおもしろい展開にして、どんどん引き込まれていきました。最近、私は阪急電車にはあまり乗ることがなく、JRばかりなのですが、小説を思い出し移動中の電車の中で人々を観察するのもおもしろいなあ~、と思った次第です。 小説では西宮北口駅のことを‘にしきた’と言っていますが、私の年代では‘きたぐち’と言っていましたので、有川氏はガセか?なんて思っていたのですが、あとがきで西宮北口駅のことを半分の人が‘きたぐち’とも言うと書いていたので納得しました。(ちなみに皆さ~ん、マクドナルドのことを‘マック’とは言わず‘マクド’って言いますよね?さらに高校時代の友人で‘ドナルド’って言っていた男子がいましたが・・・。) 小説の本文の冒頭にありますが、“電車の暇つぶしの定番、読書か音楽か携帯か・・・”での、私もまさに電車の移動中の読書で全て読んでしまったのでした。さくっと読めますのでお読みでない方はぜひ読んでみてください。あたなもきっとあの頃の、あの日の自分を思い出し、すがしがしい気持ちになることでしょう・・・。

§ 編集後記 §

先日こどもが、‘生き物係’がどうのこうの、と話をしていたので、また学校で生き物係の当番をしているのか?と思い、‘たまにはほかの係りをしたら?’というと、「いきものがかり」という音楽グループのことでした。まったく知らなかった、そんなグループ・・・。 最近のお笑いコンビの名前も「U字工事」とか「ブラックマヨネーズ」とか「笑い飯」とか、意味不明のコンビ名が多いのでややこしいなあ~、と思っております。 もともとはお笑いコンビの「ダウンタウン」から始まっている(この場合、コンビの松本氏、浜田氏が兵庫県尼崎市の下町育ちなので意味はよくわかりますが)ようですが、ややこしいと感じ始めた今日この頃が歳を取っているということなのでしょうね。 でも、あの『ビートルズ』もカブト虫だから、まあ「いきものがかり」もいいのかなあ・・・。